太陽礼拝
太陽礼拝とは
ヨガの中でも一番と言っていいほど誰もが始めやすくポピュラーな「太陽礼拝」。太陽から放たれる恩恵と自然の恵みに感謝し、それを一連の動作で表現。そして自分の生命エネルギーを浄化し高めていきます。

太陽礼拝の歴史
太陽礼拝は1910年頃に構成され当時は、健康増進のためのストレッチ型スタイルと、鍛錬するようなワークアウト型のスタイルがあったそうです。この原型を考案したのは、西インドのアウンド藩王国の王で、その王子が父王から太陽礼拝を受け継ぎ、後に精神修行法を要するヨガと融合させて世に広めたと言われています。

太陽礼拝の効果
深い呼吸と連動させ前屈・後屈の動作をテンポよくポーズをとることで、自然とその動きに集中し脳の活性化を高め、雑念や日々のストレスをリセットすることができます。また、太陽礼拝の一連の動きを繰り返すことで、関節の柔軟性が上がり、血液循環が促され、肩こりや腰痛、冷え性などに効果的と言われています。
太陽礼拝のポーズのポイント
Exhale  |  呼息
足をそろえて立ちます。頭長く空へ。
山のポーズ
Inhale  |  吸息
手を伸ばします 目線は空 肩はリラックス
Exhale  |  呼息
足の付け根から前に前屈
Inhale  |  吸息
体を起こして背筋を伸ばします。目線は前方。ハーフウェイリフト
Exhale  |  呼息
両足後ろに。頭からかかと一直線。プランク
Exhale  |  呼息
そのまま脇を締め、体しずめ チャトランガ
Inhale  |  吸息
体を前にすべらせ アップワードフェイシングドッグ
Exhale  |  呼息
お尻を空へ ダウンワードフェイシングドッグ
Inhale  |  吸息
背筋を伸ばし、目線は前方 ハーフウェイリフト
Exhale  |  呼息
前屈
Inhale  |  吸息
体を起こし 手を上に
Exhale  |  呼息
山のポースに戻ります。